FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>漫画雑誌

インテリビレッジの座敷童 (3) (電撃文庫)

インテリビレッジの座敷童 (3) (電撃文庫)インテリビレッジの座敷童 (3) (電撃文庫)
(2013/06/07)
鎌池和馬

商品詳細を見る


13/6/9購入。

学校のみんなと旅行という事で、バスの中で浮かれる忍。
美少女クラスメイト・惑歌の隣で張り切っていたら、気づけば謎の廃村にたった一人で瞬間移動していた。
これは、またしても妖怪の仕業、なんじゃないのか…?

13/6/13読了。過去記事で一巻と素で間違えていました。

今回は一本筋の話。
あいからわず主要登場人物が色々平行で動いていますが、最後には合流します。

口絵の座敷童と雪女が完全に空気です。というかこの口絵は一体どんな場面なのか。
本文中にこんな場面ありましたっけ?

章立てには仕掛けがあって、「あとがき」の後に終章が来るという変則的な構成になっています。
こういう仕掛けも面白いんじゃないかなと思った次第。
無限ループって怖いよね。

いままでちょっと影の薄かった小手蜜惑歌がメインキャラの一人として登場。
でも他の登場人部と違ってまだいまいちキャラクタが確立していない印象でした。
舞台が舞台なので(山に囲まれた閉鎖的な寒村)キャラクタを生かして活躍する場面が少なかったかなー。

当廟→八岐大蛇のくだりは面白かったですね。伝説に仮託するアイテムについては「とある魔術の禁書目録」のテイストですね。
「とある~」のように行き過ぎた科学も魔術もない世界観なのでたとえば菱神舞の人外っぷりとかが浮いている印象もありますが…。スパッと切られても平気ってどんなだ。

本文の菱神舞の独り言に出てきた蛇→水の支配者→製鉄関係は結構実際の日本の神様もそんな印象ですね。
蛇は特に日本の神様によく見られます。(海外も割とそうかな?)
脱皮が再生の象徴だったり、トグロをまいた姿を山に見立てられたりして神聖視されています。
卑近な例でいうと正月の鏡餅なんてのは蛇の象徴だったりもするそうです。
鏡自体が「カカ/ミ」で「カカ」は蛇の意なのでそのまま「蛇の体/目」という意味があるみたいですね。
このあたりは実際の伝説や歴史、神社の言伝えなど紐解いても面白いです。
(神社マニアなので語りだすときりがありません)

ラストの青行燈の倒し方は面白かったです。そこからの逆転もどんでん返しが重なっていてよかったです。
この青行燈、また出てくるかなー。でもある意味最強に近い存在だから出しにくいかもですね。

ここから内容と全く関係ない話。
レビューを見てみると結構「グロい」という感想があって、個人的には意外でした。
ここらへんは感性の問題なので何とも言えませんが、多感な10代に角川ホラー文庫を読みすぎたせいで感覚がマヒしているのかもしれません。
小林泰三作品なんてほぼグロでできているんでね…。大好きなんですが。
ちらっと載せますが、タイトルからしてグロそうでしょ?(笑)

脳髄工場 (角川ホラー文庫)脳髄工場 (角川ホラー文庫)
(2006/03/10)
小林 泰三

商品詳細を見る


肉食屋敷 (角川ホラー文庫)肉食屋敷 (角川ホラー文庫)
(2000/09)
小林 泰三

商品詳細を見る


臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)
(2009/03/25)
小林 泰三

商品詳細を見る


臓物大博覧会とか、もうグロだめなら絶対に手に取らない本ですよね。

他の方はどうなのか分かりませんが、自分は文章だけならどれだけグロくても割と平気です。
ただ映像になると全然ダメなんですよね。ホラー映画は全く見られません。
文章の場合はあくまで自分の頭の中にしか映像がないので、自らの経験の範囲を逸脱しないからなんでしょうか。不思議ですね。

あ、グロいといえばSAWも小説版だけは読みましたが、平気でした。映像は怖くて見られませんでした…。

ソウ―SAW (角川ホラー文庫)ソウ―SAW (角川ホラー文庫)
(2004/10)
行川 渉、ジェームズ ワン 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://deep3green.blog13.fc2.com/tb.php/18-d02745c1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。