FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

黒子のバスケと表現の自由と腐女子

kurokonobasuke_image.jpg



集英社の週刊少年ジャンプに連載中の「黒子のバスケ」脅迫事件の容疑者が逮捕されましたね。
まだ容疑者ということで犯人と断定はできていませんし、一部の脅迫には模倣犯の犯行が含まれている可能性も
ありますが、今回逮捕された容疑者は自供もしていると報じられています。
逮捕時の自供内容が「ごめんなさい。負けました」という内容との事で色々と憶測も出ています。

犯行動機について、
渡辺容疑者は「作者と面識はない。バスケットボールの漫画で(作者が)成功を収めたことに対するやっかみがあった」と供述しているそうです。
バスケットボール漫画にこだわりが見られる(ジャンプ作品ではもっと売れている作品も多い)ことから
犯人は漫画家志望、特にバスケットボール漫画を描いていたのではないかとも言われています。

犯行動機については憶測の域を出ませんが、今回の事件が突き付けた課題として、
「表現の自由」について個人の行動が影響を及ぼす可能性があるという事が挙げられると思います。

同様な脅迫事件は過去にもありましたが(例えばグリコ森永事件など)、金銭目的ではなく
特定の表現作品に対して個人が脅迫を行い、ここまでの騒動になった事例はあまり知りません。
(もちろん私の勉強不足で知らない事例が他にも数多ある可能性があります)
過去に「表現の自由」が叫ばれたのは主に公権力の規制に対してが多数なのではないかと思います。

今回の事例で、自分の気に入らない作品に対して「脅迫」というアプローチがある程度有効であるという
認識が成り立ってしまったのではないかという懸念があります。
もちろん過去にも作品に対しての脅迫という事例はあったのだと思いますが、主に作者の周辺に留まっており、
(もちろんそれでも許されることではありませんが)表ざたにならなかったのだと思います。

「表現の自由」をどう守るのか、難しい課題を突き付けられた事件ではないでしょうか。

上記文章は下記の記事に触発されて書いた文章です。

ハフィントンポスト:
黒子のバスケ脅迫事件の容疑者逮捕。個人の暴力から表現の自由をどう守るのか
「黒子のバスケ」脅迫事件、渡辺博史容疑者は漫画家志望? ネットで憶測も


で、硬い話はとりあえずここまでにして。


この脅迫事件でイベント中止に追い込まれたファン層の中にはいわゆる「腐女子」が含まれ、
犯人もそれを意識していた可能性があります。

『今回の犯人は、今年から「怪人801面相」というボーイズラブの同義語“801”というワードを含んだ名前を使用しており、
また犯人を名乗る人物がこれまでに投稿したネット上の書き込みにはボーイズラブに精通する内容が多々含まれていたことから、
「犯人腐女子説」がネットを通じ広く囁かれていた。(おたくま経済新聞)』

そして犯人に対する腐女子の対応が割と痛快でした。

『ただ、これにめげていないのが腐女子の良いところなのか、今回の件、非常に前向きに見ている声が聞かれる。
「逮捕を機に“喪服”総受けの薄い本を」だとか「警察×喪服で!」「コミケまであと2週間!喪服の薄い本まだ間に合う!」など
疑われた肝心の腐女子らは既に次の段階を見ているようだ。(おたくま経済新聞)』

関連記事
おたくま経済新聞:『黒子のバスケ』犯人逮捕報道→犯人と疑われた腐女子ら「喪服総受けの薄い本を!」

侮辱や脅迫に対してユーモア(本気なのかもしれませんが)で対応するという対処には敬意を表します。
漫画「げんしけん」では実在の人物に対するBL漫画を描いてその人物を(意図せずに)転校に追い込んでしまうという
『実在の人物をBL化すること』の重さが描かれていますが、この場合はユーモアの範疇に入る気がします。

中国の日本に対する別称の「日本鬼子(リーベングイズ)」に対して「日本鬼子(ひのもとおにこ)」という
萌えキャラを作ってしまおうという活動がありますが、それと似ている気がします。

関連サイト
日本鬼子ぷろじぇくと まとめ@wiki

まあ「攻め」「受け」が違うことでも対立の要因となる世界ですので、
憎い犯人をネタに本気の漫画が描けるのかというメンタル的な問題がまずあるのですが。

そういう意味では今回の冬コミは注目です。


黒子のバスケ コミック 1-24巻セット (ジャンプコミックス)黒子のバスケ コミック 1-24巻セット (ジャンプコミックス)
(2013/10/04)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る


げんしけん コミック 1-13巻 セット (アフタヌーンKC)げんしけん コミック 1-13巻 セット (アフタヌーンKC)
(2013/01/04)
木尾 士目

商品詳細を見る

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://deep3green.blog13.fc2.com/tb.php/107-daa7cf09

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。