スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GrandTour

イギリスの例の3人組の新番組「GrandTour」の1回目を視聴。

オープニングからしてやられた。

ジェレミーは雨のロンドンからアメリカへ。
レンタカーのムスタングを走らせながら静かに鳴り始める「I Can See Clearly Now」。
まさに天気は rain is gone、Bright sunshiny dayへと変わっていく。
町中を抜け、荒野の中のハイウェイへと車は進み、青のムスタングを挟み左右から登場する白と赤の2台。
もちろん乗っているのはメイとハモンドの二人。
3台になった車はテンポアップしていく歌と合せるようにスピードを上げていく。
その色は荒野を渡るユニオンジャック、いや星条旗だろうか?

そして道なき荒野を抜けていく3台の前に現れたのは、
年代も型式もバラバラながら砂埃を上げ荒野を駆け抜けていく一団の自動車たち。
中にはむき出しのホットロッドまである。

一団に合流し、先頭まで抜けていく3台。

やがて見えてきたのは野外ステージ、火を噴く機械のスコーピオンや模型のドラゴン、帆を広げた帆船、そして大勢の観衆たち。

ステージ上ではいよいよ盛り上がってきた歌声が響きわたり、観衆は一団を両手を上げて待ち構える。

真っ青な空に白い飛行機雲をたなびかせながら航空機の編隊が飛びぬけていく。

観衆から歓迎を受けながらステージへと至る三人。

さあ、グランド・ツアーの始まりだ。ワクワクせずにいられようか。

GrandTour_image2.jpg




     
スポンサーサイト

黒猫


明けましておめでとうございます



ガールズ&パンツァー劇場版 感想(微妙にネタバレ)

会社休んでみてきました。ガルパン劇場版。

ff70a646af115d8dc0e3.jpg

本編をかるく振り返った後はのっけから戦闘シーン。
しかも大洗が負けるという。
最初は「え?え?」という感じでしたが、劇場で聞く砲撃音にもっていかれました。
そのあともほぼほぼ戦闘シーン。そして砲撃音。最高ですね。

大洗の町中を縦横無尽、たまには高さも使っての戦車移動。そして戦闘。
大洗の地理を知っているとより楽しめます。
大洗磯前神社の正面石段を戦車で下るとこなどは自分の目で高さと角度を知っていると、
「あそこを戦車で下るの!?」と思うことうけあいです。

当人視点のシーンも相変わらずでスピード感と砲弾が飛び交う迫力が凄まじいです。

漫画的な無茶な機動とガチバトルの対比も素晴らしく、ジャンプ打ちでしかもそのあとも戦闘継続するとか
無茶なことをしたかと思えばラストバトルはTV版のラストと同様に音声なしのガチバトル。
TV版はタイマンでしたが、劇場版はさらにスケールアップの2対1。
情報量が多くて脳内で処理している間に戦闘がずんずん進んでいる感じでした。
ラストバトルのTV版へのオマージュも良かったですね。TVラストで戦った2台がタッグを組んでのバトル。

展開もまさに王道。主人公の危機にかつてのライバルが大集結。これは燃える。
そしてアンツィオ頑張ってた。ライバル全員に見せ場があるのも良かったです。
当初80分予定だったそうですが、そりゃ2時間になるわ。

音楽も戦闘シーンと同じくメリハリが効いていて、音楽と非常にマッチしたシーン、
例えばライバル登場時にはその国をイメージした音楽がシームレスに流れるなどの場面もありながら、
ガチバトル時は本当に砲撃音と機動音だけ、セリフもなし、など練り込んで作られていました。


いやー、これはぜひ劇場で見るべきですね。


      

大黒様


 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。