スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天竺熱風録 2巻



やっぱり伊藤勢は伝記/伝奇ものが似合う。

あとがきでも触れていたけど、「チベット、ネパールあたりに土地勘がある」って凄いなぁ。
『蝕』的なヤツとの異能バトルもあるけど多少は現実よりかな。こういうアクションシーンをどうやって考えているのか。

一番うれしかったのはこのシーン。

tenjiku-neppuuroku_aitura.jpg


久しぶり!お前ら楽しそうだな!

伊藤勢節が垣間見えるのはこのシーン。

tenjiku-neppuuroku-2.jpg

原作未読なのでどう転ぶのかワクワクしている。
おいちゃんのマンガが読めるこの幸せよ。


 
スポンサーサイト

秋の夕暮れ


GrandTour

イギリスの例の3人組の新番組「GrandTour」の1回目を視聴。

オープニングからしてやられた。

ジェレミーは雨のロンドンからアメリカへ。
レンタカーのムスタングを走らせながら静かに鳴り始める「I Can See Clearly Now」。
まさに天気は rain is gone、Bright sunshiny dayへと変わっていく。
町中を抜け、荒野の中のハイウェイへと車は進み、青のムスタングを挟み左右から登場する白と赤の2台。
もちろん乗っているのはメイとハモンドの二人。
3台になった車はテンポアップしていく歌と合せるようにスピードを上げていく。
その色は荒野を渡るユニオンジャック、いや星条旗だろうか?

そして道なき荒野を抜けていく3台の前に現れたのは、
年代も型式もバラバラながら砂埃を上げ荒野を駆け抜けていく一団の自動車たち。
中にはむき出しのホットロッドまである。

一団に合流し、先頭まで抜けていく3台。

やがて見えてきたのは野外ステージ、火を噴く機械のスコーピオンや模型のドラゴン、帆を広げた帆船、そして大勢の観衆たち。

ステージ上ではいよいよ盛り上がってきた歌声が響きわたり、観衆は一団を両手を上げて待ち構える。

真っ青な空に白い飛行機雲をたなびかせながら航空機の編隊が飛びぬけていく。

観衆から歓迎を受けながらステージへと至る三人。

さあ、グランド・ツアーの始まりだ。ワクワクせずにいられようか。

GrandTour_image2.jpg




     

黒猫


明けましておめでとうございます



 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。